岡山県くらし復興サポートセンターについて

岡山県くらし復興サポートセンター開所にあたって

 平成30年7月豪雨により被災された方々は、避難所生活から応急仮設住宅へ入居されるなど、生活環境が変わっており、これからの生活再建に向けて、様々な課題を抱えられることが想定されます。
 被災された方々に寄り添った相談活動を通じて、生活・福祉課題を発見し、その解決に結びつけるとともに、孤立や引きこもり防止を図るため、訪問活動を行っていくとともに、仲間づくり、居場所づくりなど、住民相互の繋がりをつくる取り組みを展開していく必要があります。

 これらの取り組みを進めていくために、県内には市町村が設置する被災者見守り・相談支援事業を実施するセンター(以下、「被災者見守り・相談支援事業実施センター」)が開設されますが、そのセンターの後方支援を目的とした「岡山県くらし復興サポートセンター」を開設いたしました。
 被災者見守り・相談支援事業実施センターと連携し、被災者に寄り添いながら、被災者の安心した暮らしと生活再建に向け、総合的な支援を展開していきます。

開設日:平成30年10月1日(月)

主な事業

  • 被災者見守り・相談支援事業実施センター等の運営支援
  • 生活支援相談員等に向け研修企画・開催>詳しくはこちら
  • 連絡会議等の企画・開催>詳しくはこちら
  • 専門職・アドバイザー等の派遣>詳しくはこちら
  • 市町村や関係機関等からの相談対応
  • その他、支援に向けて必要・効果的な取り組み

岡山県内の被災者見守り・相談支援事業実施センター

倉敷市真備支え合いセンター

(運営:社会福祉法人 倉敷市社会福祉協議会)

倉敷市真備町箭田1161番地1 真備保健福祉会館1階
(※H31.4.1より真備支所2階から移転しました。)

TEL.086-698-5115

総社市復興支援センター

(運営:社会福祉法人 総社市社会福祉協議会)

総社市中央一丁目1番3号 総社市総合福祉センター内

TEL.0866-92-8574