NEWS

2020.02.21

自治体間等による被災者の支援体制構築に向けた連携会議(第2回)開催のお知らせ

  平成30年7月豪雨による発災から1年半が経過し、応急仮設住宅供与期間の終了に伴う退去や延長手続き、災害公営住宅等への入居申込等、被災者の生活環境が大きく変化する時期であり、恒久住宅への移行を見据えた支援活動が必要とされています。また、応急仮設住宅には入居せず、親戚・知人宅等で生活している方もいらっしゃいます。

 そのため、現居住地の自治体や社協等による支援について、現況を共有していただくとともに、その支援課題等について協議しながら、課題解決に向けた県内における共通認識づくりを進めていくことを目的に開催いたします。

1.会議名 自治体間等による被災者の支援体制構築に向けた連携会議(第2回)
2.日 時令和2年3月17日(火)13:30~16:00
3.会 場国民宿舎サンロード吉備路 1階 コンベンションホール
(総社市三須825-1  ☎ 0866-90-0550)
4.内 容経過説明「被災者がどこに住んでも必要な支援を受けることができる体制構築に向けて」
県説明「被災地外に居住する被災者の生活支援に向けて」
事例紹介「転出入された被災世帯への居住地支援の取組み状況等について」
全体共有「居住地での支援に向けて、共有したいこと」
新規事業説明「被災地外に居住する被災者の支援・見守り体制構築事業(仮称)について」
5.対 象県内の自治体職員(被災者支援担当課、福祉担当課等)及び社会福祉協議会職員等

詳細は、開催要綱をご覧ください。
自治体間等による被災者の支援体制構築に向けた連携会議(第2回)開催要綱

ページの先頭へ